醤油が主役になる食

「刺身にあう醤油はどれですか?」ご来店いただく9割くらいのお客様から質問を受けます。そして一方で、醤油の生産者に「刺身以外にどんな使い方するとおいしいですか?」と質問して、即答できる方も少ないように感じていました。醤油は万能なものだから、何でも相性よく美味しくしてくれる。オールマイティというすごく幅の広い回答になってしまうから、こだわりの醤油=刺身というシチュエーションになってしまう気がして、もっと用途提案をしないといけない、そう思っていました。ただ、あまりにも中途半端だったことに気づきました。

「醤油ってどんな存在?」と生産者に聞くと、「縁の下の力もち」と答えます。これは絶対に間違っていないと思うのです。醤油の本質は素材を引き立てることだと思います。でも、醤油の生産者ではなくて、醤油を販売している立場にある自分たちだからこそ、逆に醤油が主役になる食を提案していくべきだと思いました。「醤油が主役になる食の提案」これが大きな軸になってくれるような気がして、今の取り組みをここをもとに見直していきたいと思っています。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL