Fフォーラム 印象的なみかんの写真

Fデザイン

福島屋の福島会長が提唱されるFデザインプロジェクト。それに関わる人が集うFフォーラムが開催され、2日間で15名の刺激的な話を伺いました。その一つ。商業界の笹井編集長のお話。宮城県にあるスーパー「主婦の店 さいち」を一つの事例として紹介していました。おはぎを一日5000個、土日は1万個販売されるといいます。直接伺ったことはないのですが、地方の80坪ほどの店舗なのにどうして?!とメディアに取り上げられていて存在は知っていました。

主婦の店 さいち

いつもその視点と話し方をお手本にしたいと思っている笹井さんなのですが、おはぎ1万個の根底に何があるかをこの写真で説明されるあたりが、はやりさすがだなぁ〜と思わず写真におさめてしまいました。

お弁当に入れるみかんの写真です。半分にカットして、底を切り落として、側面の一部に切り込みを入れています。小さな手間ですが皮がむきやすくなります。ここだけ見ると小さなひと手間ですが、お弁当づくりというたくさんの工程の中で、この作業をするのは大きな手間なはず。だけど、この小さな心遣いの積み重ねがおはぎ1万個につながっているのだと。とても印象に残ったみかんの写真でした。