湘南みやじ豚の宮治さんと即興セミナー

昨日は松屋銀座で店頭に立っていました。15時すぎにふらっとみやじ豚の宮治さんが登場。試食販売をする予定だったとのこと。小籠包ソーセージは1本が10グラムほどの小さなサイズで肉汁たっぷり。しかも、無添加とあって原材料は「豚肉(みやじ豚)、食塩、砂糖、香辛料」のみ。

湘南みやじ豚

試食がはじまると、あっという間に商品もなくなっていました。

すると、「何か話そうよ!」とお誘いいただき即興のセミナーを開催することに。急遽イスを並べて「まもなくセミナーはじめます!」ってアナウンスして、2人の掛け合いしながら醤油のこと、みやじ豚のこと、小籠包ソーセージのことなどなど。

最後にソーセージに魚醤をあわえて試食いただくと、かなりの高評価。魚と豚だよ!と宮治さんも驚き気味に。

湘南みやじ豚

普段は岩塩か胡椒で食すということだったので、淡口醤油なら相性いいはずと思ったのですが、3日前に入荷したてのえそ魚醤も同様にいけるはずと思って試してみると、大正解。豚のうま味と魚のうま味がきれいに調和していました。

湘南みやじ豚