横着しちゃだめですね・・・/石孫本店(秋田県)

石孫本店

ミツル醤油の城さんと東北の蔵元を3日間かけて訪問してきました。岩手県から青森県弘前市まで北上、そこから太平洋側の八戸を経由して、日本海側の男鹿半島まで横断。そして、最後に秋田県湯沢市の石孫本店を目指す行程。蔵に行っては移動しての繰り返しをしていました。

その最後の石孫本店さん。今の時代に石炭で小麦を炒って、麹蓋による麹づくり。木桶による味噌と醤油の仕込みをする蔵元はここくらいだと思います。醤油の博物館に展示されているような昔ながらの道具の数々が現役なのですが、一番の特徴はそれを使い続ける職人さんたちの姿勢のように感じています。

到着してすぐ、蒸した大豆と小麦を混ぜ合わせる作業場を案内いただきました。畳10畳以上の広さはコンクリート。ただ、表面にひびが入ってしまっていました。元々、劣化してきた部分を修繕するために、その上からコンクリートを塗っていたそうなのですが、その部分にひびが入ってしまったそうです。「やっぱり、横着しちゃだめなんですよね・・・」と話す石川さん。

これを「横着」と表現するのが、なんとも石孫さんらしいなって、そう感じていました。

石孫本店
http://www.s-shoyu.com/ishimago/