GEN-Bの集い

こめみそしょうゆアカデミーの堀田さんのお誘いで「GEN-B」の集いに参加させていただきました。

「げんびー」とは三河弁(愛知)で食いしん坊。ヤマサちくわの佐藤元英社長のお話と、東京会館の鈴木直登料理長の三河の国のうまいもの巡りによるあっというまの3時間でした。

GEN-B

愛知県豊橋市ではちくわの生産が盛んになり長野県まで運んでいたそうです。車も冷蔵設備もない時代。木箱にちくわは立てて並べて塩漬けにされて運ばれます。

ちくわの穴の中にも塩が入って水分がぬけてカチカチに。固くてそのままだと食べられないくらいになるそうですが、内陸では魚は貴重な存在。水に浸してから煮炊きして食べていたそうです。

GEN-B

その場でちくわを竹筒に付けて焼くと会場内にも歓声があがる。

GEN-B

あつあつの焼きたて。

すると、「ちくわは皮がおいしい!」と佐藤社長。きつね色の皮の正体はみりんに熱が加わることによるメイラード反応で、香ばしさとうま味がぎゅっと凝縮しているそうです。三河の地で良質な本みりんが使えたこともこの地のちくわの特徴だとか。

GEN-B

鈴木料理長の話はいつも勉強になります。

先付けを「隠れ里」と表現されて、おいしいものは隠れてたべるものと解説。餅をつく時はぺったんぺったんと音がでてしまうので、ご近所におすそ分けをしなくてはならない。けど、おはぎならその心配がなく「隣知らず」とよばれていたとも。

GEN-B

「食べ物は手をかけるほどにまずくなる。でも、手をかけるほどに体は楽になる」。加熱したり煮たりすることによって消化しやすくなるけど、素材をそのまま食すおいしさ。それを体現しているような料理の数々でした。

TBSラジオ プレシャスサンデー

プレシャスサンデー

10月1日は醤油の日ということでラジオに登場させていただきます。

2017年10月1日(日)6時〜
TBSラジオ 笹川友里 プレシャスサンデー
醤油の話は9時頃からの予定
https://www.tbsradio.jp/185822

木桶のサイト

木桶サイト

木桶のサイトを作成。木桶といえば小豆島のヤマロク醤油さんが主導している木桶職人復活プロジェクトが有名ですが、もちろんその動きとも連携しながら、各地の桶の情報をまとめて「桶について伝えて、桶仕込みの発酵食品を使っていただいて、現役で使われている桶を増やす」ここを目的にしていきたいと考えています。

まだ、最低限の情報しか載っていませんが、少しづつボリュームも増やしていきたいと思います。

KIOKE | 木桶を伝えて増やすためのサイト
http://www.s-shoyu.com/kioke/

日本の教育とイノベーションを語ろう。

まえばしめぶくトーク

まえばしめぶくトーク
日本の教育とイノベーションを語ろう。
2017年10月13日(金)19時開場 19時30分開演
@前橋テルサ

■第一部
基調講演:米倉誠一郎 教授

■第二部
トークセッション:
米倉誠一郎 教授
田中仁 田中仁財団 代表理事
大森昭生 共愛学園前橋国際大学 学長

ステーキの宮と醤油

肉と醤油

ステーキの宮に醤油を持って行ってきました。宮のたれがおいしい。それは分かっていたのですが、「宮のたれをおかけしていいですか?」に、自分でかけていいですか?と、断りを入れて持参した醤油であれこれ試すことに。

やはり基本はこの並びだと再認識しました。

肉と醤油

左に行くほどに素材を味わう。右に行くほど醤油の味わいを添える。お肉に白醤油はさすがに味わいが足りなさすぎなので、濃口醤油から溜醤油までの範囲だと思います。

肉を味わうなら濃口。醤油の味わいを加えるなら溜醤油。

中でも濃口醤油の菊醤はお肉の味がしっかりと感じられた印象。再仕込醤油の中では日本一醤油がバランスよくて、肉のうま味と醤油のうま味がちょうどよい感じに一体化。

溜醤油になると少し醤油が強いかなという印象ですが、そもそもお肉そのものがおいしい前提だったので、お肉自体がもう一味ほしいなという感じのものであれば、溜はおいしく感じたはず。

こんな一連の検証をした後に、宮のたれをかけると確かにおいしい。けど、たれの味とお肉の味が上手にブレンドされての味なので、お肉そのもののおいしさを感じるなら濃口醤油だと思います。

理想をいえば、醤油で肉の味を味わってから宮のたれにシフト。これがいいなと思うのですが、問題になるのが宮のたれを一番おいしく味わうには、アツアツの鉄板でジューって熱することが欠かせないような気もしていて、そのためには最初にかけないといけない・・・というジレンマが。