高砂醤油本店(島根県)

高砂醤油

「ホント うれしいがぁ〜」と方言まじりに話す高砂範子さん。弟の勝行さんと共に家業の醤油づくりに携わりつつ、イベントに出店する理由をお客さんに会いに行くためといいます。島根県は自社醸造を続ける蔵元が多く、再仕込み醤油をベースに甘みをつけた醤油が流通しています。その絶妙な甘さ加減に他の地域のファンも多く、普段電話でしかやりとりできていないお客さんにイベント出店の際にやっと会えると、「お互いに、わぁ〜ってなるんです!」。

「石橋を叩いても渡らない家族です」と自分たちを表現しながらも、有機原料をつかった醤油の仕込みに挑戦中。綺麗に管理されている蔵内を見学させていただいた後に、「お客さんを蔵見学にご招待しちゃえば?!」と伝えると、「えぇ〜!そんな思ってもみなかったですよ。でも、楽しそうだね!やろうやろう!」と。すご〜く丁寧にお客さんをおもてなししている二人の姿が想像できてしまいます。

クルメキッコー(福岡県)

クルメキッコー

九州で見つけました。桶がずらりと並ぶ醤油蔵。福岡県久留米市にあるクルメキッコーさん。そして、それ以上に現場が若いパワーにみなぎっているのが印象的でした。

体育会系的な挨拶が清々しすぎて、思わず伺ってみると男性スタッフはみな野球部出身とのこと。諸味の攪拌作業を全て手作業でしている蔵元は数えるほどしかないと思いますが、全部手作業でこなすそうです。さすが野球で培ったパワーという感じですが、それ以上にスポーツをしてきた人は挨拶やチームワークの大切さ、マナーなどが自然と備わっているそうで、訪問して最初に感じた雰囲気は確かにそうだなぁと。

出荷場にはリサイクルされた一升瓶に詰められた醤油が山積みに。定められた位置にキチッと並んでいました。この整然と並ぶ様に野球部的なものをまた感じてしまいました。

小川醸造(鹿児島県)

小川醸造

「売れなくてよかったんだよ!」と小川会長。自分の納得を第一にした商品だったから、宣伝もしなかったし、売れなくても焦る必要がなかったといいます。

九州で一般的なのは生揚醤油にアミノ酸液を混ぜた混合タイプの醤油ですが、その製法ではなく、再仕込み醤油をベースにした甘い醤油。火入れの仕方なども創意工夫がたくさんなのに、たくさん売れなくていいんだと言い張る会長。そんなこと言わずに売りましょうよぉ〜とスタッフの方がつっこんでいました。

製造現場に行くと若い男性スタッフたちが作業中。カメラを向けると醤油を手にポーズを取ってくれるノリのよさ。

吉永醸造店(鹿児島県)

吉永醸造店

鹿児島中央駅から歩いて数分。吉永醸造店の店先に配達帰りのトラックが停まっていました。自分たちで説明できる範囲内の商売をしたいと、地元のスーパーにも卸をせずに、御用聞きで各家庭に配達をしているそうです。そして、店先にはご近所さんと思われる男性が、「五合ね」と言いながら一升瓶をビニール袋から取り出していました。店頭では量り売りもしています。

九州の醤油って甘いですよねという話題になった時、「私たちにとっては甘い醤油が当たり前なんですよね。だから、いつも逆にこう質問するんです。どうして醤油って塩辛いんですか?って。そう聞かれるのと感覚なんですよね!」と吉永広記社長。そして、こうも教えてくれました。「醤油が甘くてクレームを言われたことって一度もないんです」と。ただ、逆に今回の醤油は辛いぞという声は敏感に寄せられるといいます。甘さに特徴のある鹿児島の醤油です。

鹿児島県醤油醸造協同組合

鹿児島県醤油醸造協同組合

鹿児島県の協同組合工場は、すごく綺麗で良い生揚醤油をつくると聞いていました。とても綺麗が製造現場に時々出会うことができますが、そこには必ず何かしらの、その状態を保てている理由があるものでした。そして今回は、鉄製の網目状になっている足場に象徴されるように感じました。

鹿児島県醤油醸造協同組合

生産規模も大きいので、製造設備も大型になり、建物でいう2階3階くらいの高さになることもあります。もちろん足場はあるので、それぞれの設備を直接確認することはできるのですが、さらに一歩近づいて細部まで間近に見て直接触れるように、足場が増設されているのです。「溶接含めて自分たちで対応できるようにしてあるんだ」と日高工場長。

鹿児島県醤油醸造協同組合

同様に、醤油の麹をつくる円盤室の下層にあたるスペースは意図的に高く設計されています。人が中腰になることなく入って、立ったまま作業ができることを前提にしているそうです。そして、空気を送り込む送風ダクトも大型。中に人が入って掃除やメンテナンスをできるように。設備を導入するときから決まっていたコンセプトだったそうです。

鹿児島県醤油醸造協同組合

徹底的に綺麗な状態が保たれていました。