味覚や臭覚を言葉にするのは難しい

醤油に関わる方たちと打ち合わせで日帰り東京。味覚や臭覚を言葉にすることは難しいという話題に。「醤油には何種類の香り成分が含まれているか知っていますか?」から始まるフレーズは醤油関係者なら皆が知っていること。「300種類です!」に聞いている方が、「おぉ!」「そんなにたくさん!」と反応してくれて、「えぇ、そうなんです。コーヒーやバナナの香りも含まれているんですよ」と補足するのがある種のパターンになっています。ただ、そこからさらに深堀して香りについて語れたらいいよねって。

自分が感じた香りや味わいをじょうずに言語化することは難しい。誰しもができることじゃないかもしれない。けど、比較をしておいしく感じる方を選んだり、順位をつけることならできるかもしれない。そのような体験があって、その上で専門家が言語化した言葉があればすんなりと受け入れられるかもしれない。皆で考えることは、やっぱり楽しい。

餃子と醤油の検証

餃子と醤油

先日、王将で餃子を10人前テイクアウト。醤油を11種類並べて相性の検証をすると、一番人気は再仕込み醤油に。お酢との相性もあるので、もう少し検証しないといけないと感じていますが、だし醤油系や溜は人気がなく、再仕込み、濃口、淡口の定番系が人気でした。

餃子と醤油の検証

中でも人気だったのが再仕込み醤油で、そのままは濃厚な醤油ながら、酢醤油にして餃子と合わせると「お酢と醤油のバランスがよい」という感想に。醤油が強すぎることはまったくなく、油とまじりあってちょうどの感じに。

また、淡口醤油も評価が高く、これはお酢を主役にした酢醤油になるからだと思います。餃子をお酢で食すのが好きな方っていると思いますが、醤油味でなくてお酢味でさっぱりと食べたい、その感覚に沿った味付けになると思います。

*醤油の料理帖:餃子
http://www.s-shoyu.com/cook/2015/10/15/642/

まじめなおかし ミレービスケット

ミレービスケット

おいしいなぁ。って、ミレービスケットを食べる。
パッケージも素敵だなぁ。って、じろじろ見る。

大きな文字で「まじめなおかし」とあって、その説明書きとして「おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんも食べたミレーはおいしいまじめなおかしです。」って書いてある。

そして、袋の左下に「太陽と風で結晶化した塩/天日塩」とあって、右下に「だから・・・おいしい!!」。商品説明はこれだけ。

もし自分がこのパッケージをつくる立場なら、どうして「まじめなおかし」なのか?の説明を入れたがるだろうな。原材料のことや製法のこと、どんな場所でつくっているとか、どれだけの伝統があるとか、盛り盛りにしちゃうんだろうな。

だけど、「だから・・・おいしい!!」の一言で説明しているミレーをみると、「伝えたい」に力みすぎちゃだめなんだよなって本当に思う。

神楽坂に職人醤油

神楽坂プリュス

神楽坂にも職人醤油がたくさん並んでいます!ふらっと立ち寄るとスタッフの方から質問攻めに。アイスにオススメの醤油コーナーできていました!ありがたいことです。

神楽坂プリュス
http://kagurazakaplus.ocnk.me

結婚式のギフトに醤油

結婚式に醤油

朝から紅白のラッピング。

スタッフの一人が体調不良でお休みになってしまい、黙々とラッピング。醤油のキャップ部分にオリジナル包装。醤油は銘柄バラバラ。結婚式の披露宴のお見送りの品としてお使いいただいています。

「醤油が結婚式のギフトに?!」と最初の頃は職人さんにも驚かれましたが、数本セットの引き出物よりも、1本ギフトが大多数です。結婚式関連でいただくご注文のほとんどがこの仕様だと思います。

新郎新婦様のご出身地の銘柄や、お二人の思い出や馴染みのある銘柄をご指定いただくこともありますが、特に指定はないという場合は、バラバラの銘柄を提案させていただいています。合計50本であれば全部バラバラの50銘柄。当日のゲストの方にそれぞれ異なる醤油が行き渡るように。

「ゲストから醤油おもしろかった!という感想をもらいました」という感想を、新郎新婦からいただけると、これまたうれしい限り。